いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー
  • TOP
  • 商品ラインナップ
  • コーヒーをもっと愉しむ
  • おいしさの秘密

coffe お家で珈琲店の味。美味しさ変わる2つのヒント

珈琲は、知れば知るほど、おいしくなる。
淹れ方や豆の選び方、そして、味わうための道具…。
ひとつ一つにこだわることで、もっと愉しい時間に感じてほしいから。
ここでは、知っておいてほしい、珈琲のおいしい知識をご紹介します。

淹れ方次第でコーヒーの味わいがドラマティックに変わる。

ドリップ式コーヒーの淹れ方は、ご存知でしょうか。
知ってはいるけれど、喫茶店で出される珈琲と何かがちがう…。
それは、大事な要点を見過ごしているからかもしれません。
今回はハンドドリップで淹れるときに押さえておきたい2つのヒントをご紹介します。
いつものレギュラーコーヒーが淹れ方を少し工夫するだけで香り高くなり、
豆の特長を引き出せた、ちょっと贅沢な仕上がりに。
「あ、美味しい。」と思わずつぶやく1杯が自分の手でしたてられるのです。

「蒸らし」の粉と湯量、その黄金比率は?
雑味を出さない抽出、注ぎ方のコツは?

ちょっと贅沢なヒント 粉と湯量は1:2が「蒸らし」の黄金比率

蒸らす間にコーヒー粉から良い香りが立ちはじめるのを愉しんで。

コーヒー粉を均一に湿らせる「蒸らし」は美味しさ引き出す第一歩。

「おいしいコーヒーを淹れるには蒸らしが大事」そんなフレーズを耳にしたことがあると思います。けれど、意外と“なんとなく” 行っている場合も…。それではおいしいコーヒーを淹れる「蒸らし」にはなりません。
コーヒーの粉を入れたら中心部めがけて、粉の量の2倍のお湯を「かける」というより「置く」くらいのやさしさで注いで、いったんストップ。粉がむくむくと膨らむ間、約10秒待ちます。最初に適量のお湯を注いで待つこの過程が「蒸らし」。ヒントは、粉と湯量の比率です。何人分淹れるときでも1:2の黄金比率を守ってお湯を注げば、粉にまんべんなくお湯が染み、サーバーにお湯がほんの数滴、落ちるか落ちないか…の理想的な量に。蒸らすことでコーヒーの粉とお湯のなじみがよくなり、豆本来のコクと香りを引き出す抽出へとつながります。

ちょっと贅沢なヒント 注ぎは中心から「の」の字を描くようにゆっくりと

蒸らす間にコーヒー粉から良い香りが立ちはじめるのを愉しんで。

コーヒー粉を均一に湿らせる「蒸らし」は美味しさ引き出す第一歩。

「蒸らし」が終わったら、いよいよ抽出のための注ぎ。湯量は、「蒸らし」で注いだときの分を差し引いた適量を注ぎます。立ち上るコーヒーの香りに胸が高鳴る工程ですが、このときの注ぎ方によって、味わいに雑味のありなしが決まってくるので要注意。
お湯を注ぐときは、中心からなるべく細く、ゆっくりと。 中心から外側に向かって静かに「の」の字を描くように。一定のスピードで、ドリッパーのフチにできる「コーヒーの壁」を崩さないように…。
じつはこの壁は、注がれたお湯によってドリッパーの中心部で舞い、抽出が終わった“ガラ”。コーヒーを淹れる際に、この壁を崩してしまうと、“ガラ”からも抽出され、雑味が出てしまいます。
コツをふまえた丁寧な注ぎで、豆本来の旨味と、クリアな後味を兼ね備えた良いとこ取りのコーヒーに仕上げられるのです。

coffe お家で珈琲店の味。美味しさ変わる2つのヒント

最近とくに人気が高まっている、ハンドドリップ。淹れ方のこだわりは人によってさまざまです。というのもじつは、ハンドドリップのやり方に絶対的な「正解」はありません。豆が同じでも、使うドリッパー、粉の量、お湯の注ぎ方など、たくさんの要素が1杯のコーヒーに関わりますし、美味しいと思う味わいも、好みやその日の気分によっても変わります。たとえば、休日の朝に飲むコーヒーと、お客さまを迎えた午後のおやつとともにいただくコーヒーでは、きっと求める味が違うはず。ハンドドリップは、その時々に合わせた淹れ方で、味わいを変えられるのが醍醐味なのです。
抽出のための注ぎは、スピードによって驚くほど味が変わるので、実験するような気持ちで試してみてはいかがでしょう。さっぱりとしたコーヒーを飲みたいときには早めに、コク深いコーヒーを飲みたいときはゆっくり目に…など、自分だけの「正解」を探すひと時のはじまりです。

今回ご紹介したヒントをふまえれば、いつものコーヒーが
まるで珈琲店で飲むような美味しい香り高い1杯に変わります。
さらに、すべて自分の手で行う心地よい緊張感や、
自分好みの味を求めたり淹れ方を変える醍醐味など、
ハンドドリップには、奥深い愉しみが広がっています。
ぜひ、ちょっとした時間があるときに試してみてください。

コーヒーがもっと好きになること、請け合いです。

「ちょっと贅沢な珈琲店®」ブランドサイト

Page Top